コンプライアンス・オフィサー認定の資格とは?

コンプライアンス・オフィサー認定の資格とは?

コンプライアンス・オフィサー認定の資格とは?

コンプライアンス・オフィサー認定試験とは、コンプライアンス担当者・管理職に求められる、法令などの知識と判断力を認定するという資格です。

日本コンプライアンス・オフィサー協会

これは主に金融業界で必要とされることが多いスキルです。

銀行やクレジットカード会社などで営業職を担当している方や、管理職についている方にとっては見逃すことのできない資格です。

業務で身につけた、財務に関する法令などの知識の深さや判断力を、これを受けることによって資格として名乗ることが出来るようになるのです。

コンプライアンス・オフィサー検定は4つのコースが用意されていて、自分の職業に合わせた内容の試験を受けることが出来るようになっています。

ちなみにその4つのコースの内訳は、銀行コース、生命保険コース、消費者金融コース、クレジット会社コース、というものです。

それぞれの会社によって、財務関連で必要とされてくる知識も若干変わってくるので、細かく分けてくれていると有り難いですね。

コンプライアンス・オフィサー検定の合格率は、平均してだいたい45%程度と、ちょっと難易度が高くはなっておりますが、それぞれの試験では点数が70点を超えることが出来れば合格に当たるので、地道に確かな知識をつけることで失敗を回避出来そうです。

見事、コンプライアンス・オフィサー検定に合格することが出来れば、就職や業務にはもちろんのこと、転職の際にも非常に強い武器となるでしょう。

金融業をしてみたい、又は既に就職しているみなさん、今よりちょっとだけ、ワンランク上にステップアップを目指してみませんか?

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional