不動産鑑定士とは、こんな資格

不動産鑑定士とは、こんな資格

不動産鑑定士とは、こんな資格

不動産鑑定士とは、土地や建物の売買の際に不動産の鑑定評価をしたり、公共事業に関連する不動産の評価、また民間企業における不動産の取引の評価など、建物の価値を量る専門職です。

土地や建物の不動産や物件についての、適正で公正な評価額を決めるお仕事ですね。

社団法人日本不動産鑑定協会

不動産鑑定士の資格を取る人は、独立のためというよりは、現在の仕事に生かすためという理由で試験を受ける人のほうが多いようです。

多いのは不動産会社や運用会社、また金融機関や官公庁に勤務する人たちです。

平成18年度の試験制度改定によって、これまで適用されていた受験資格は取り払われ、現在ではどのような方でも受験することが出来るようになりました。

合格率は2割を少し超えたラインで推移しています。

不動産鑑定士の試験制度が変更されてから合格率は低下し、難易度も上昇しているため、最近では不動産鑑定士国家試験を受験する人が減少傾向にあるようです。

男性の取得割合が多いこの資格ですが、中には女性でも不動産鑑定士として活躍している人もいます。

その場合、女性特有の視点で鑑定を行うことが出来るので、それは一つの強みとなるはずです。

男性と同じくらい対等に仕事がしたいという女性にとっては、魅力的な資格であるといえます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional