公認会計士の資格をとるには?

公認会計士の資格をとるには?

公認会計士の資格をとるには?

公認会計士とは、顧客の要求に応じて財務書類の監査や証明などの手続きを受け持つことの出来る専門職です。

監査とは、利害関係者に対して会社が公表する財務諸表などが正式に表示されていることを、独立した第三者の立場から証明するというお仕事です。

一見ちょっと難しい感じがしますが、要は会社の財務状況を適正に世間に立証するというお仕事ですね。

日本公認会計士協会

この資格は国家資格で、会計系の資格の中では最高峰にあたります。

公認会計士国家試験の難易度は、司法書士試験や行政書士試験に並んで非常に高いものとなっていて、これらは「3大国家試験」と呼ばれているほどです。

受験資格については、旧公認会計士試験制度では1次試験から3次試験の三段階に分けられて行われていた試験ですが、2次試験を受験する段階で4年制大学を卒業しているなどの条件がついていました。

ですが新公認会計士試験制度では、この中の1次試験と2次試験制度が廃止されました。

ということで、現在の公認会計士国家試験では、受験資格は特に設けられていません。

公認会計士の試験は難易度が高いのですが、その分、社会的信用は絶大な高さを誇るスキルです。

会計と財務に関してのエキスパート、あなたも目指してみませんか?

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional