宅地建物取引主任者の資格って?

宅地建物取引主任者の資格って?

宅地建物取引主任者の資格って?

宅地建物取引主任者とは、不動産を扱う際に必ず必要となってくる資格です。

財団法人不動産適正取引推進機構

業務内容は、物件の紹介や確認、また売却など、この資格を取ることで不動産に関わる業務を全般的に受け持つことが出来るようになります。

宅地建物不動産を営む場合、従業員の5人に一人はこの宅地建物取引主任者の資格を持っている必要があります。

また、不動産を扱うのは何も宅地建物不動産の事務所だけではありません。

個人商店が不動産取引を扱っているケースも珍しくはなく、その場合その商店の誰かが(主に店長であることが多いです)宅地建物取引主任者の資格を持っている必要があるのです。

この資格は司法書士や弁護士といった国家資格と比べ、やや難易度が低いので、受験する人数が多くなる傾向が強いです。

毎年約15万人の受験生が合格を目指して受験しています。

合格率はだいたい15~17%程度と、多少の低さはあるものの、合格して資格を取れば独立することも出来るので、生涯を通して不動産に関わる仕事をしたいという方には必須の資格であるといえます。

勉強もしっかりやれば、だいたい3~6ヶ月間の学習で試験に臨むことが出来ます。

不動産業に興味のある方は、是非今一度調べてみてくださいね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional