宅地建物取引主任者の資格取得のための通信講座

宅地建物取引主任者の資格取得のための通信講座

宅地建物取引主任者の資格取得のための通信講座

宅地建物取引主任者とは、世間一般的には「宅建」とも呼ばれていて、良く耳にされているかと思います。

業務内容は宅地建物の取引業者に対して、売買や交換・貸借の契約時に発生する契約書や重要事項説明書に、記名・押印などを行います。

宅地建物取引主任者の資格は、年一回10月に行われる国家試験に合格することによって取得可能ですが、合格率は約15%~17%台と大変厳しい国家資格の一つと言えます。

また、資格取得後業務を開始するには、実務経験を2年以上積み、都道府県知事の資格登録が必要となります。

取引主任者証は5年の有効期限があり、更新には法定講習の受講と取引主任者証の再交付を受けます。

さて、宅地建物取引主任者の資格試験のための勉強方法ですが、最低ラインだけを狙って独学という方法もあります。

しかし、確実に合格をするには、やはり専門学校に通学するか、通信講座を受講する方がより確実に学習することが出来ると思います。

通信講座でお勧めなのが「フォーサイト宅建合格講座」です。

これは、提出課題の期限に遅れるとアラームレターというのが送付されてきます。

自宅学習にありがちな、飽きや怠慢を克服することが出来ます。

これらを利用して、決して廃る事のない、宅建資格に是非チャンレンジしてみて下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional