消費生活アドバイザーの資格って?

消費生活アドバイザーの資格って?

消費生活アドバイザーの資格って?

消費生活アドバイザーとは、消費者の方々に対して消費生活に対する的確なアドバイスを行い、かつ消費者の方々の意見や苦情などを企業側の経営方針などに反映することが出来る、いわば「企業と消費者のパイプ役」となるお仕事のことをいいます。

財団法人日本産業協会

消費生活アドバイザーの資格を取るのは主婦層にあたる方々が圧倒的に多く、就業形態もパートやアルバイト、または準社員と様々です。

主たる就職先としては、企業のお客様窓口や消費者センターなどが挙げられます。

この資格を取ることの醍醐味は、通常は売る側の目線での製品開発になりがちな企業の生産を、消費者の立場から考えることが出来るというところでしょう。

企業のサービスや販売戦略を練り直すには嬉しい資格です。

企画や開発などの仕事は面白いものとなることは間違いないのですが、この資格を持っている人だけの独占業務には当たらないため、他の資格と比較すると転職の際などの有利性は多少低くなるかもしれません。

ただ、資格の合格率はだいたい20%程度とわりと低くなっていて、気軽に受けて合格するということは難しいようです。

消費者の立場での目線というのは、生産側や販売側に立つとすぐに忘れてしまうものです。

だからこそ、消費生活アドバイザーという資格を持てば必ず企業内で一目おかれる存在となることでしょう。

あなたのお勤めの会社に、ちょっと頑張って貢献してみませんか?

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional