税理士の資格ってどうやって取るの?

税理士の資格ってどうやって取るの?

税理士の資格ってどうやって取るの?

税理士とは、納税者の依頼を受け、所得税や法人税などの税務に関連する申請を代理して行ったり、書類作成や税務相談を通じて会計帳簿の代行をしたりするお仕事です。

税務に関する全ての手続きのスペシャリストですね。

日本税理士会連合会

税理士国家試験の受験資格は、他の国家資格のなかでも項目が多いのですが、それらを大きく分けると「学識、資格、職歴、認定」の4項目に分けられます。

公認会計士との違いは?といいますと、公認会計士は財務や会計に関する手続き、税理士は財務に関する手続きを行うというところです。

また、公認会計士国家資格に合格して公認会計士になることが出来たなら、税理士国家資格を受けずとも税理士登録することが出来ます。

しかし税理士の国家資格しか有していない場合は、あくまでも税理に関する業務しか出来ません。

公認会計士は税理士になることは出来ても、その逆はありえないのです。

近年ではパソコンの普及が進んで、納税者自身で試算表を作成しようとする傾向が増えつつあるので、パソコンやその他の身近な相談を持ちかけられることも多いようです。

ということでみんなの頼れる税理士になるには、いつのときも博学でいなくてはならないのですね。

あなたなら、きっと素晴らしい税理士になれますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional