税理士の資格取得のための通信講座

税理士の資格取得のための通信講座

税理士の資格取得のための通信講座

税理士になるためには、国家試験を受験して合格するか、弁護士や公認会計士の資格があれば試験が免除されますが、一般的には年一回8月行われる国家試験を受験することになると思います。

税理士の国家試験は科目合格制というのがあり、5科目の内合格した科目は資格取得まで有効なので、社会人などに好評なようです。

税理士の業務は、租税に関することというのはだいたい想像出来ると思いますが、具体的には

1.税務代理

2.税務書類の作成

3.税務相談

などがあります。

また、意外な業務として、社会保険労務士の業務の一部も代行出来ますし、行政書士の登録をすれば行政書士にもなれるという、幅の広い内容を担当することが可能です。

受験勉強の方法は様々ですが、科目も多いことから独学でコツコツと勉強していくのは大変根気と計画性が必要かと思われます。

短期間で取得したい方は専門学校や通信教育をお勧めします。

TACという会社は、専門学校でありながら通信教育も充実しており、またWeb学習なども開発されているため、リアルタイムで学習が可能です。

その他、「資格の大原」や「LEC東京リーガルマインド」などが有名なようですので是非、資料を請求して比較検討なさってみて下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional