簿記の資格取得のための通信講座

簿記の資格取得のための通信講座

簿記の資格取得のための通信講座

簿記という資格は、国家資格ではないのですが、様々な団体による検定試験が行われています。

簿記とは、資産や負債・資本の管理を行い、一定期間の収益や費用を記録する記帳方式を言います。

検定試験を行っている団体として有名なのは、日本商工会議所と全国経理教育協会などがあります。

日本商工会議所では1-4級の基準であるのに対して、全国経理教育協会は上級-4級となっています。

また、日本商工会議所の簿記1級合格者は、税理士試験の試験資格が与えられます。

簿記検定の学習方法ですが、経費を節約したい方や専門学校への通学が困難な方には通信教育があります。

通信講座で有名なのは、ユーキャンやLEC、TACなどがありますが、NewtonのTLTソフトは、低費用(20,000~30,000円)で、しかも合格保証付です。

即ち、合格出来なかった場合は、受講料全額返金してくれるという、ユーザーに心強い講座なのです。

また、TLTソフトはe-learningのため、参考書や問題集などの教材も不要なのが有難いですね。

但し、Newtonでは日商3級からの講座設定になっていますので注意が必要です。

このような、便利な通信講座を利用すれば、より早く確実にスキルアップが出来ますね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional