証券アナリストとは、どんな資格?

証券アナリストとは、どんな資格?

証券アナリストとは、どんな資格?

証券アナリストとは、レベルの高い金融技術を駆使して各種情報の分析や投資価値の評価などを行い、顧客に対して投資に関する助言や管理サービスを提供していくというお仕事です。

公益社団法人日本証券アナリスト協会

証券を「analyze(分析)」することにおいてのスペシャリストです。

証券アナリストは1920年代にアメリカで発祥したことをきっかけに大きく広がりましたが、近年の資本市場の発達や高度化に伴い、この資格の需要はとどまることなく、どんどんと増えてきています。

証券アナリストの資格は民間資格にあたり、現在専門学校や通信講座などでは試験とセットで用意してくれているところもあるようです。

いずれかの方法で専門知識を学習し、最終的には「日本証券アナリスト紹介」が主催する試験を経て、晴れて証券アナリストとして舞台に立つことができるようになります。

証券アナリストも独特の専門的知識が必要とされる資格ということもあって、一次試験・二次試験共にだいたい40%、全体的な合格率はだいたい20パーセントと、多少狭い関門になっています。

とはいえ、最近では日本国内の個人投資家もFXや中国株などに資金を投資する割合が高くなっているので、見事合格することが出来たなら、すぐに実践として生かしていけることだと思います。

あなたも思い切って、証券アナリストの試験勉強を「analyze(分析)」してみませんか?

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional